STORE LIST
  • INFACES
  • TRUNK15
  • greenroom
  • burden
  • Carnation
  • IVORY
  • cote a cote
  1. HOME > 
  2. FEATURE一覧 > 
  3. Talkin' about vol.2 ~FATIGUE PANTS~

FEATURE

2019.12.18 / ONLINE STORE

Talkin' about vol.2 ~FATIGUE PANTS~

 

皆さん、こんにちは。
メイクスオンラインストアスタッフの金山です。

普段、何気なく着ている服のルーツって調べてみたことがありますか?現代ファッションのデザインは過去のアーカイブからヒントを得たものや、そっくりそのまま再現したものも多数あります。ポケットの位置や襟の形ひとつにしても実はすごい奥深い意味が込められていたりするんですよ。服にはどんな成り立ちがあって、どんな人たちから愛されてきたのかを知れば、よりその服の魅力に気づくきっかけになるかもしれません。

「Talkin' about」と題しまして、ワードローブにぜひとも加えたい普遍的なアイテムのストーリーを掘り下げご紹介いたします。第2回目の今回ご紹介するのは、ミリタリーアイテムの定番、ファティーグパンツです。

 

 

 軍人の作業用パンツ

ファティーグパンツとはフロントの大きなパッチポケットとバックのフラップポケットが特徴的なパンツです。パッチポケットとは別布を服の上から貼り付けたものでスラックスのようなL字や切り替えの腰ポケットのつくりとは別のもの。ファティーグパンツは別名ベイカーパンツとも呼ばれており、少しゆったりとしたシルエットで、カーキ色が特徴、この呼び名の方が聞き馴染みがあるかもしれません。ベイカーパンツと呼ばれるようになったのは、諸説ありますが、パン屋さんが作業用につかっていたからというのがもっとも有名ではないでしょうか。

もともとは軍人が履くためにつくられたもので、正式名称はOG-107ユーティリティーパンツと言います。OG-107とは、オリーブグリーンの頭文字で、107は米軍のカラーコード、ユーティリティーは、英語で作業などを意味しています。戦闘以外の一般作業などにも多く使われていたので、軍人が動きやすいように少しゆったりとしたシルエットになっているんですね。

50年代頃から長く愛用されていたOG-107カラーですが、80年代後期から、OG-107カラーからウッドランドカモフラージュに取って変わり、米軍では完全に廃止されました。そのため60年代や70年代に作られたファティーグパンツは、ヴィンテージ物として今もなお高値で取引されることもあるコレクターズアイテムになっています。年代によってボタンやステッチ、アジャスターの有無、裾のテーパード加減や素材感などディティールが大きく変わる面白みがありますが、年代によるディティールの変化については掘り下げるとかなり長くなってしまうので今回は割愛させていただきます。

 

カモ柄と言えばこの写真の柄を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか

 

簡単にまとめれば「軍パン」なのですが、似た存在としてカーゴパンツがあります。ファティーグパンツが軍人のためのパンツだったのに対し、カーゴパンツは貨物船の船員の作業用のワークウェアとして作られたものです。見た目にも大きな違いがあり、カーゴパンツにはシックスポケットと呼ばれる6つのポケットがあり、たくさんの道具を持ち運べるように、マチ付きの大型ポケットが両足部につけられています。個人的にはカーゴパンツの方が無骨な印象でメンズライクかなと思います。

 

写真はヴァージルアブローが手掛けるLouis Vuitton2020年春夏プレコレクションより
現代のファッションシーンに置いてもミリタリーアイテムは不動の人気を誇ります

 

一般的にファティーグパンツは、バックサテンという生地で作られています。

サテン生地といえば、パジャマやドレスなどに多く使われる、柔らかく光沢がある生地ですが、サテンは素材名ではなく朱子織と呼ばれる織り方の名称で、バックサテンは、サテンとは生地の表裏が逆さになった、裏側が光沢のある生地のことを指します。光沢のあるほうを裏地にすることで、すべりを良くし、なめらかで履きやすくなるというわけです。また履いていくうちに生地にアタリが出るのも魅力の一つ。そのため、履きこんで自分だけの一本に作り上げる楽しさもあります。

 

少しわかりづらいですが、裏面に光沢があります

 

 

UNUSEDのベイカーパンツ

幅広い世代から支持を集めていることもあって、ファティーグパンツは様々なブランドから発売されています。当店にもいくつか取り扱いがありますが、その中でも今回はUNUSEDのBaker Pantsをご紹介いたします。

 

 

身長176cm 体重58kg サイズ1着用

 

一見、米軍仕様のファティーグパンツと違いがないように見えますが、大きな違いはコシのあるコットンナイロン素材を使用しているところです。コットンにナイロンを混紡させることによって、コットンにはない軽さ、ナイロン特有の光沢とシワになりにくい特徴があります。コットンとナイロン混紡の生地と言えば、64クロスと呼ばれるものが有名で、コットン60%、ナイロン40%の割合で混紡された通気性と摩耗に強い生地で、アウトドア用品によく使用されています。対して、UNUSEDのBaker Pantsはコットンが70%、ナイロン30%、そのため履きこんでいくうちに表れる経年変化も程よく楽しむことができるのが大きな特徴となります。軽くてしなやか。でもシワになりにくく経年変化も楽しめる、まさにコットンとナイロンの良いとこ取りなパンツですね。

 

 

現在もなお、不屈の名作として作られ続けているファティーグパンツ。すっきりと無駄な部分はそぎ落とされたデザインなのでどんなシーンにも合うパンツです。トップスとの組み合わせによって様々な表情を引き出せるのも良いところ。一本持っておいて損はないと思いますので、ぜひお気に入りの一本を見つけてみてください。

 

 

 

<UNUSED>

Baker Pnats ¥29,000+tax

 

 

TRUNK15 / トランク

ベーシック&カジュアルをベースに、メンズ、レディースブランドを展開。
スタイリッシュさの中に、洗練されたトレンドブランドを取り入れ幅広い年齢層に向けて発信。
洋服のみならず、コスメ、インテリア、家具などを揃えお客様に合うライフスタイルを提案。

富山市西町6-3
TEL:076-420-0677

定休日:水曜日
営業時間:11:00~19:00

 

ご注文やお問い合せはメールやお電話でもお受けいたします

どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL / 076-420-0677 | MAIL / contact@makes.jp

 

  • SHARE
  • TWEET